So-net無料ブログ作成

ヴァイス オカ研がタイトルにある強み [ヴァイス]

019097.jpg
昨今このカードの互換が収録されることが多くなり、ゲームの中でも多く見かけるようになりました。
ヴァイスには通称「5止め」という戦略があります。
5止めとはアタック中に相手のクロックが5になった場合次の相手のクロックフェイズでレベルが上がって、協力なカードが出ないようにアタック回数を自分で少なくすることですが、このオカ研というカードはコストにクロックを要求するので、いわゆる5止めをしてもレベルが上がってしまいます。
なので、オカ研のあるタイトルには5止めせずアタックしきってしまうことがままあります。
オカ研があるけど採用しないデッキ、特に物語にみられますが、採用されてないのにオカ研の陰に怯えて5止めされないことが多いです。
オカ研はレベル0でマリガンで切られることが非常に少ないため相手のデッキに採用されてるかどうか判断しにくいのもオカ研のあるタイトルの強みだと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。