So-net無料ブログ作成

ヴァイス ラブライブサンシャイン 青黄軸 [ヴァイス]

WS127871.jpg

まずはデッキレシピを紹介します。

レベル0 16枚
“青空Jumping Heart”津島 善子×4(移動)
“青空Jumping Heart”桜内 梨子×4(集中)
“恋になりたいAQUARIUM”渡辺 曜×4(0相打ち)
ぷちダイヤ×4

レベル1 14枚
“恋になりたいAQUARIUM”黒澤 ルビィ×4(暁)
“いつもの服”国木田 花丸×2(助太刀)
松浦 果南×4
“恋になりたいAQUARIUM”松浦 果南×4

レベル2 3枚
“新理事長”小原 鞠莉×2(助太刀)
“見つめる先”松浦 果南×1(2000応援)

レベル3 9枚
“青空Jumping Heart”国木田 花丸×4
“恋になりたいAQUARIUM”高海 千歌×2
“青空Jumping Heart”松浦 果南×3

CX
“青空Jumping Heart”花丸×4(炎)
“青空Jumping Heart”果南×4(門)

黄色18赤10青22



それでは各カードを解説していきます。

“青空Jumping Heart”津島 善子
全力の拳型移動にアタック時にどこでも振れるパンプテキストがついています。
優秀なファーストパンチャーとしての役割はもちろん、このデッキは返しのパワー重視で行きでのパワーは物足りないためパンプテキストが重宝します。
また、1レベルで面を固めることを意識したデッキのため、先上がりが強く、移動でダイレクトアタックを誘発することで先上がりしやすくなれる点もこのデッキと噛み合っています。

“青空Jumping Heart”桜内 梨子
アド集中ですね。
基本的にはレベル1から発動することを想定しています。

“恋になりたいAQUARIUM”渡辺 曜
このデッキは基本的に、レベル1からカードを集めに行くデッキなのでレベル0から有効札を持ってきやすいこのカードは貴重です。
また、0レベルで相手のカードを倒せるカードはこのカードにやや依存しています。
相打ちの性質上ダイレクト面をもらいやすい点がデッキコンセプトと噛み合っていますし、移動の補助にも一役買ってくれます。
以上のように仕事はかなり多いので4枚です。

ぷちダイヤ
優秀なファーストパンチャーその2です。
主に、今環境で2強と呼ばれている宝羽川とTPを想定した採用です。
宝羽川では経験キャラに2000パンプする相打ち+経験キャラの2枚を使わなければ突破できませんし、TPは楓移動で相打ちが関の山でしょう。
このキャラを突破しようとキャラを多く並べてくれれば先上がりしやすいですし、アタック数が少なくても、このカードはレベルが上がっていて再度アタックしにくくダイレクトアタックを誘発しやすいです。

“恋になりたいAQUARIUM”黒澤 ルビィ
いわゆる暁互換と呼ばれるものです。
専用デッキでなければ使わないテキストがついてパワーが下がってしまっていますが、先上がりを意識するデッキなので使い勝手は悪くないと思います。
デッキのエンジンなので4枚です。

“いつもの服”国木田 花丸
このタイトルは1レベル0コストの助太刀は1500までしかないので後は色を考慮するだけです。
赤との2択で迷いましたが、赤はレベル3でしか発生要求されていないので黄色にしました。

松浦 果南
相手ターンに全体にパンプするテキストで相手ターンでの盤面を強くしてくれます。
もう一つの効果で自分のトリガーでCXがめくれた時大幅にパンプしてくれます。
行きでも返しでも大幅にパワーアップしてくれるので攻防で活躍してくれる強力なカードです。

“恋になりたいAQUARIUM”松浦 果南
このデッキのレベル1でのメインアタッカーです。
相手ターンで自身の効果だけで最大7500もの高水準のパワーをだしてくれます。
このカードで相手の盤面に返しで穴を空けて、早出し花丸を安全に安全に通すのが全体のコンセプトです。

“新理事長”小原 鞠莉
赤の3500助太刀との2択で迷いましたが、レベル3での詰めがCX依存なので、CXをわずかでも引き込める可能性を増やせるこちらを選びました。

“見つめる先”松浦 果南
相手のデッキによりけりでの運用になります。
また、花丸のCXシナジーが決まらなかった時のパワーでの保険の意味合いも強いです。

“青空Jumping Heart”国木田 花丸
このデッキの一番目指すギミックになります。
できれば2レベルに上がって2面早出ししてCX打つところまでもっていきたいです。
返しのパワーがかなり高いので、美夏助太刀の危険を感じたらサイドアタックもガンガンしていきます。
このCXシナジーを連発したいためにもう1種のCXを門にしたくらいです。

“恋になりたいAQUARIUM”高海 千歌
使いやすい回復です。
正直回復は果南、花丸と7枚も入っているので飽和な感じがするので他の枠に回してもいいと思います。
個人的に調整枠です。

“青空Jumping Heart”松浦 果南
このデッキの詰めです。
対応が門な点、ドロー効果が付いてる点で曜より対応CXが握りやすいと思います。
また、アタック中での回復効果はアタック中にリフレッシュになってしまったときにも回復ができる点、がかなり優秀です。

まずはマリガンですが、CX、レベル2以上のカード、後列2種はダブったら切ります。レベル0のアタッカーは2枚あれば十分です。
0レベルで1レベルのカードを集めにくいので1レベルに寄せたマリガンを心がけます。
基本的に1レベル、2レベルへの先上がりを目指します。
そのためにレベル1ではなるべくCXは打たないようにします。
また、花丸で回復しながら面を取っていくのを目指すデッキなので、リフ前でも対応のCXは握ったままでも構いません。
基本的には回復耐久なので果南での連パンはそこまで意識しなくても大丈夫だと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。